No pain,no gain. スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

X100Fで撮った宮城県登米市のアレコレ

宮城県登米市に行ってきました。

登米市とは?

宮城県の北部に位置し、栗原市本吉郡の間にあり、岩手県と境を接する。古くから米の名産地として知られる市である。冬には伊豆沼・内沼、市内中心部を流れる迫川などに多くの渡り鳥が飛来する。市名の読みは登米市(とめし)であるが、市内の登米町は(とよままち)と読む。世帯数 26,091世帯。(2004年2月28日
仙台市から北方へ70Km。市内はほぼ平野地で、広大な平野に田園地帯が広がっている。水郷地帯でもあり、冬季には多くの渡り鳥が訪れる。市内東部は北上山地に接しており、林業が行われている。森林セラピー基地に認定されている。 wikipediaより引用
という場所。
静かでいいところです。
意外に知られていない観光地もあり、休日はにぎわっているようです。
特に、旧登米高等尋常小学校校舎は、なかなか見モノでした。
観光案内所に行くと、近隣の観光マップがもらえます。そして順に観光できるわけですが、能の舞台であるとか旧警察署とか、大正ロマンあふれる建物が現存し開放されていましたね。

ただ、巡回バスなどはないようですので、暑い日に散策するのには注意が必要です!










歩くことを覚悟していたので、大きなカメラよりX100Fを持って散策にエネルギーを割いた方結果、それでよかったかな~と。
今度はバイクで行ってみようかな。





似たような記事検索はこちらへ【人気ブログランキング】

最新の投稿

D5500で撮った草ヒロ ~日本の名車の姿~

D5500で撮るクラゲ ~加茂水族館のクラゲ天国~

X100Fで撮ったZX-14R② ~ACROS編~

D5500で撮った試し撮りが意外に…

D5500で撮った森の一画

D5500で撮った夏の想い出

X100Fで撮る仙台の横丁

何か始めたいときの話

機嫌のはなし

最近思う事